建築条件付売地 ( けんちくじょうけんつきうりち )

「建築条件」とは、売主もしくは売主の指定する建築会社で一戸建て住宅を建築をする条件のうえで販売する土地です。
契約形態は違いますが、実質はフリープラン・フリー間取りの建売住宅と考えてもよろしいかと思います。「建築条件付き土地」とも言われます。


「建築条件付き売地」と「建売一戸建て住宅」の違い

 

1.契約形態の違い

建売が「土地付き一戸建て」として一つの売買契約
建築条件付売地では、土地売買契約と建物建築請負契約の2つに分かれます。

 

2.建物の自由度の違い

建売は、販売する際にはすでに建築確認を取得しており、完成もしくは建築中になります。 よって間取りなどの変更はほとんどできません。
建築条件付売地は、土地を販売する段階では建築確認を取得しておらず、 お客様が決まってから間取りや仕様を打ち合わせて建築に入ります。
このことから、建築会社は決まっているもの、建物の自由度は非常に高いです。

 

3.価格表示の違い

建売の価格設定は土地と建物の一式となるため土地と建物を分けて表示はしません。
建築条件付売地の場合、土地価格として表示しなければなりません。そして、参考建物価格として、サンプル間取りを表示してその価格を掲載しているケースがあります。
土地価格については、建築会社が固定の条件があるため、建築条件のない土地と比較すると若干安く売りだされている場合が多いようです。