建設住宅性能評価書 ( けんせつじゅうたくせいのうひょうかしょ )

建設住宅性能評価書とは、住宅性能評価のひとつです。住宅性能評価書には、建物の設計段階における『設計住宅性能評価書』と建設後における『建設建物性能評価書』の2種類があります。

建設される住宅が設計住宅性能評価書に表示された性能が発揮されているか指定住宅性能評価機関が現場で数回中間検査するのが建設住宅性能評価です。完成段階においても最終の検査を行います。こうして、完成住宅についての評価書である建設住宅性能評価書を交付します。従って、建設住宅性能評価は設計住宅性能評価を受けていないと申請を行うことはできません。