敷地延長 ( しきちえんちょう )

読み方:しきちえんちょう

建築物を建築する際は、原則としてその敷地が道路に2m以上接していなければならない(接道義務)。

 そのため、道路に接していない土地に建築をする場合には、通路状に土地を借用するか、宅地の分筆の際、通路状の土地を付けて宅地が道路に接するようにする必要がある。この通路状の部分を敷地延長という。